資格なし・無資格でも働ける介護職求人を探すなら

資格なし(無資格)で働くことができる?

介護職員として仕事をしたいと思っている人のなかには、無資格で就職や転職が可能なのか、気になっている人もいるのではないでしょうか。 ここでは、資格なしで働くことができるのか?と疑問に感じている人のため、有益な情報を提供していますので、チェックしてみてください。

下記の関連サイトも併せてご覧ください
参考:無資格でも働ける介護求人情報

無資格での就職・転職は可能?

介護職に就くにあたり、訪問介護に関しては資格なしで働くことはできません。
しかしながら、訪問介護を除けば資格を所持していなくても、施設などで就業することが可能なのです。
さらには介護職員になるための経験が問われませんので、未経験の人でも求人情報に応募することができます。

資格なしで働く場合の実際

介護職員として仕事をするための知識や技能を修得していないため、一人前になるまでの期間が有資格者よりも長くなってしまいやすいため、はじめは仕事を覚えるのに苦労することは避けられません。
また、求人情報で資格や経験が不問になっていたとしても、無資格者よりも有資格者のほうが優先的に採用されるため、就職や転職では不利になってしまいます。
さらに応募条件として介護の資格を有していることを盛り込んでいる求人情報が多く、申し込み自体ができないケースも少なくありません。
また、無資格や経験不問のところは深刻な人材不足の問題を抱えることが予想され、職場環境が悪い可能性があります。

あとから資格を取得することは可能か

介護の仕事に就くことを希望し、無資格でまずは飛び込んで、あとから介護系資格を取得しようと考えている人もいることでしょう。
これは可能は可能ですし、素晴らしいことではあるのですが、3Kと呼ばれる介護の現場で、資格取得の勉強と仕事を両立させるのはたやすくありません。
したがって、先に介護の資格を取得しておくほうが、仕事に鳴れやすいですし、疲れているなかで資格取得の対策をしなくてもよいのでおすすめです。
専門学校にいけない人は、初歩的な資格を独学(書籍・テキスト、通信講座、通学口座)でまずは取得し、上位の資格を仕事をしながら取得するという道を選択するとよいでしょう。

失敗しない介護職求人の選び方とコツ

求人情報をチェックし応募、面接を受けた結果、見事に採用を勝ち取ったものの、いざ仕事をはじめてみると条件が違う、こんなはずではなかったという経験をする人がいます。
しかしながら、それは求人情報の曖昧な表記が原因で、条件を勘違いしてしまっていたために起こる問題であることも少なくありません。
ここではよく間違われやすい求人情報の表記について説明しますので、参考情報としてお役立てください。

賃金や給与に関する表記

求人情報を見ていると、月給、月収、年俸と、賃金や給与に関する記載のしかたがありますが、これらは全て違った特徴があります。
給料は基本給プラス各種手当込み、月収はひと月あたりの基本給プラス諸手当の分、さらに歩合の給料も含めた金額を意味しています。
また、年俸はボーナスまで混みの年間の賃金であり、12ヶ月分に分割されて、毎月決まった日に支給されることが多いです。

社会保険に関する表記

雇用、健康、労災、厚生年金の4種類が社会保険にはあります。
社会保険ありとだけ記載がある場合には、全て加入していない可能性があるので注意が必要です。
社会保険完備と記載があるところだと、前述した社会保険に全て加入しています。

労働時間や休日に関する表記

労働時間といえば残業に関することが気になるでしょうが、残業ありと記載されている場合、1日あたり8時間、1週間あたり40時間を超過して仕事をすることが認められていません。
仮にこれを超過する場合には、25%以上プラスした残業代の支払いをしなくてはいけませんし、深夜や休日の仕事も25%以上割増のお金を支払わなくてはいけないことになっています。
そのあたりのことが守られている職場なのか、チェックする必要があるでしょう。
また、休日に関して間違われやすいのは、週休2日制、完全週休2日制です。
前者は1ヶ月に1回以上1週間に2日の休日があるという意味で、毎週2日休めることを意味していません。
毎週2日休めるのは完全週休2日制ですので、間違えないようにしましょう。

求人サイト選びの要点

介護職の求人情報の探し方として、いまは多くの人が求人サイトを利用しています。
ただ、求人サイトと一口にいっても、たくさん数があってどこを利用すればいいのか迷ってしまう人もいるでしょう。
ここでは、求人サイトの上手な選び方をアドバイスしますので、チェックしてみてください。

求人数

登録されている求人数が多いほど、自分の条件に合った求人情報が見つかりやすいため、求人数が多いサイトを選ぶことが大切です。
なお、漠然と掲載求人数が多いだけでなく、自分が仕事をしたいエリアに強いサイトであることが理想的です。

掲載情報

ハローワークの求人情報のように基本的な事項について触れられているだけでなく、職場内の雰囲気までが画像や文章で詳しく紹介されているところはよいでしょう。
仕事をはじめてみるまで職場の雰囲気というのはわかりにくいため、求人サイトを通じて事前に多少把握しておけるのは助かります。

非公開求人

より条件のよい求人情報を会員だけに提供しているサイトもあります。
非公開求人が多いところにも登録しておくと、ほかに登録されていない好条件の求人情報と出会える可能性が高まるでしょう。

通知

無料登録後、自分の希望に合った求人情報が登録された際、サイトの専用ページやメールなどで通知してくれるサービスがあるところがよいでしょう。
探す手間が省けるので、時間を有効に使うことができます。

サポート

就職や転職に関する相談を受け付けているところであれば、1人だけで就職や転職活動をする心細さが軽減されます。
応募先と面接日時の調整をしてくれたり、面接に向けて一緒に対策を立ててくれるところ、採用が決定したあとは雇用先と待遇の交渉をおこなってくれるところもあります。

コンテンツ

就職や転職に役立つコツやノウハウを提供しているサイトがあります。
得た情報は自分の就職や転職活動に活かすことができますので、コンテンツが充実しているに越したことはありません。

ページトップへ