資格なし・無資格でも働ける介護職求人を探すなら

雇用形態別で見る介護職の特徴

介護職に就く場合、正社員、契約社員、派遣社員、パートタイマー・アルバイトの雇用形態があります。
それぞれの特徴を説明しますので、どの雇用形態が自分に合っているか考慮する際の参考にしてください。

正社員

メリットとしては雇用期間に定めがないため定年まで仕事ができる可能性があり、ボーナス、昇給、昇進、福利厚生と、待遇は全雇用形態中最高という点が挙げられます。
一方、デメリットとしては責任が重い、残業や休日出勤が多い場合がある、職場によっては勤務地が変わることがあるという点が挙げられるでしょう。

派遣社員

派遣会社との雇用契約のため、転勤や異動がないこと、派遣されている期間だけ仕事ができること、介護の職場と雇用契約を交わすより、高額な時給になることがある点がメリットとして挙げられます。
デメリットは同じ職場にずっといなくても、契約が終了すると辞めるしかないこと、派遣先と派遣会社の契約で定められている業務しかこなせないこと、交通費、ボーナス、退職金が期待できないこと、即戦力級の知識や技能が求められやすいことが挙げられます。

転職先への連絡

退職するにあたり次の仕事が既に決まっている人は、退職届が受理された段階で転職先に退職日と出勤可能な日を伝えておきます。
出勤した日には、年金手帳と雇用保険被保険者証の提出が求められますので、忘れないように注意しましょう。

契約社員

この雇用形態のメリットですが、職場によってはボーナスが貰える、正社員にステップアップできる機会を設けているところがあるという点が挙げられます。
逆にデメリットに関しては、契約期間に定めがあるため、仕事の継続を希望してもとおらないことがある、給料のアップや退職金が期待できないといった点が指摘できます。

パートタイマー・アルバイト

この雇用形態のメリットに関しては、短い時間や希望の曜日だけ仕事をしやすいこと、責任の重い仕事をしないで済むこと、自分の生活に応じて仕事のしかたを柔軟に変えやすいところが挙げられます。
ただし、パートタイマーやアルバイトの場合には、給料のアップ、ボーナス、退職金が望めないことがある点、スキルアップやキャリアアップが困難な点、福利厚生の充実度が低いことがある点には注意したいところです。

ページトップへ