資格なし・無資格でも働ける介護職求人を探すなら

介護職の仕事内容とは?

介護職員初任者研修などの資格を取得し、介護の現場で仕事をするにあたり、どういう場所で働くことになり、またどんな仕事をこなすことになるのか、疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。
ここでは、そのあたりのことについて触れていきますので、参考情報としてお役立てください。

就業場所

初任者研修のように最低限取得しておきたい資格があり、現場で仕事をするとなると、介護老人福祉施設とも呼ばれる特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、軽費老人ホーム、有料老人ホーム、老人保健施設、認知症グループホーム、通所介護とも呼ばれるデイサービス、通所リハビリテーションとも呼ばれるデイケアといったサービスを提供する施設、小規模多機能型居宅介護とも呼ばれる小規模多機能施設などが就業場所として挙げられます。

勤務時間

24時間体制のところでは、介護職の仕事は4交代制でまわしています。
早番、日勤、遅番、夜勤にわかれているのです。
職場にもよりますが、一般的に早番は8:00~16:00、日勤は10:00~18:00、遅番は12:00~20:00、夜勤は18:00~10:00頃までが目安です。
実際に仕事をする際にはどの時間帯になるか確認したほうがよいでしょう。
なお、勤務していくなかで仕事をする時間帯が変更になる可能性があることも、頭に入れておかなくてはいけません。

おもな仕事

介護職に就いた場合には、休みの日を除いて毎日、介護職員は利用者の起床、洗顔、着替え、食事、排泄、服薬、入浴、就寝、トランスファー移乗の介助をおこなうほか、おむつ交換、口腔ケアをおこないます。

また、24時間体制で介護をおこなっている入所施設においては、夜勤の担当者が常駐し、ナースコールが鳴った際に対応したり、おむつの交換のために施設内をまわることにもなります。

そのほか、レクリエーションをおこなうのも介護職員の大切な仕事の一つであり、利用者とコミュニケーションをとったり、利用者のレベルに応じたゲームや作業で機能の回復を目指すのです。

ページトップへ