資格なし・無資格でも働ける介護職求人を探すなら

介護・福祉施設別の特徴

就職先や転職先としての候補となる介護・福祉施設は非常に多くあります。
また、勤務する施設が異なれば、仕事の内容にも多少の違いがあるものです。
今回は施設別にどのような特徴があるのかを解説しますので、自分に合った職場を選ぶ参考情報としてお役立ていただけると幸いです。

おもな施設と特徴

代表的な施設としては、特別養護老人ホームが挙げられます。
ここは65歳以上、寝たきりや認知症の高齢者で、自宅での介護が無理な場合に入所できる施設です。
また、養護老人ホームもおもな施設の種類の一つであり、65歳以上、寝たきりではないものの自力で日常生活を送ることが難しく、家庭環境や住宅事情、経済的、身体的理由により自宅での生活が困難な人が入る施設です。
それから、低料金で自宅で日常生活を送ることが困難な人が入所可能な施設で、食事サービス付き、自炊、ケアハウスの3種類がある軽費老人ホーム、低料金で宿泊や休憩が可能な老人休養ホーム、入院するほどではないものの、機能訓練や介護を受けなければいけない高齢者が入所したり、在宅で訓練をおこなう老人保健施設も挙げられます。
そのほか、民間の老人ホームであり、入所条件が厳しくない有料老人ホーム、認知症の高齢者が共同生活を送るグループホーム、病気やケガにより長期的に治療を受けなければいけない高齢者などが入院できる老人病院、通所介護といって介護を受ける必要のある高齢者や介護や介助をしている人が、老人福祉施設を訪れて、介護や介助、訓練などのサービスを日帰りで受けられるデイサービスの施設などもあります。

介護・福祉関連施設と特徴

自宅で高齢者の介護をおこなっている人が相談や指導をいつでも受けられる在宅介護支援センター、訪問看護サービスをおこなっている訪問看護ステーション、非営利で民間の社会福祉活動を推進・支援する事業を展開している社会福祉協議会なども介護や福祉に携わる仕事のため、就職先や転職先の候補になるでしょう。

ページトップへ